協議会の概要

協議会の概要

宮城県訪問看護ステーション連絡協議会の概要

名称宮城県訪問看護ステーション連絡協議会
設立平成9年6月14日
目的宮城県内の訪問看護ステーションが、その機能を充分発揮する ことができるよう連携と相互研鑽を図り、もって在宅ケア・サービスの向上に寄与し会員の働く環境条件の改善を図ることを目的とする。
事業内容・情報の収集
・提供及び交換
・経営・技術に関する調査
・研究 ・研修会・講演会等の開催
・訪問看護に関する諸問題の検討
・その他目的達成に必要な事業
会員正会員:宮城県内の各ステーション
賛助会員:(個人)訪問看護ステーションの元職員又は訪問看護に従事している看護職
    :企業・関係団体 
事務局〒982-0252
仙台市太白区茂庭台3丁目30号30号(ないとうクリニック訪問看護ステーション内)
TEL 022-796-9320
FAX 022-796-9321
総会年/1回(5月頃)
理事会理事会 年/6回(2か月に1度)
理事の役割1 訪問看護に係る情勢や情報を分析把握し会員に伝える。
2 各種研修会の企画、開催。
3 各地区における行政・多職種との連携を深め地域の情報収集に努める。
4 各地区の訪問看護ステーション管理者が抱える問題を吸い上げ理事会に提案し協議する。
5 所属する委員会でアドバイスを行い、活動状況を理事会に報告し検討議案がある場合は提案する。
6 災害緊急時、担当地区の状況を把握し、速やかに三役に報告する。

委員会活動

委員会活動目的
広報委員会・宮城県訪問看護ステーション連絡協議会ニュースの発行 (年3回)
・パンフレット作成
・訪問看護制度及び連絡協議会の啓蒙、普及、広報活動
教育委員会・各研修会の運営(管理者研修会・管理者交流会・管理者情報交換会・従事者研修会・技術研修会等)
・アンケートの実施・集計・評価・適宜見直し
調査委員会・連絡協議会の実態調査等の提案、実施、集計、報告
災害支援委員・災害時支援マニュアルの普及
・災害時対応連絡網実施訓練、評価(必要時連絡網マニュアルの見直し)

地区交流会活動目的

地区組織県北東・県北・県北西・仙台北A・仙台北B・仙台近郊・仙台南A 仙台南B・県南・仙南
地区交流会目的・ステーション間の情報交換と交流
・ステーション間との地域との連携を深める
・地域の情報を理事会で把握する(検討課題とし議論していく)
地区交流会活動内容ステーション間の交流と地域の多職種の会議・研修等を開催する。

ごあいさつ

 日頃より、宮城県訪問看護ステーション連絡協議会の事業運営にご理解、ご協力を頂きまして、心より感謝申し上げます。
 本協議会は、平成9年に任意団体として設立され、宮城県内の訪問看護ステーションが、機能を十分発揮することが出来るよう連携と相互研鑽を図り、在宅ケアサービスの向上に寄与し会員の働く環境条件の改善を図ることを目指して参りました。
 2025年に向けて、地域包括ケアシステムが構築され病院中心の医療から在宅医療に移行して参ります。その中で訪問看護ステーションは、利用者だけではなく地域全体のサービスの量や質を考え行政と一緒に作り上げていくことが求められています。その為には、訪問看護ステーションの健全な事業経営、人材確保、質の向上と均等化、地区の組織強化、多職種連携が重要となります。
 宮城県訪問看護ステーション連絡協議会は、訪問看護師同士のつながりと顔の見える連携を大切にし、情勢に応じた討議や提案を行いながら課題解決に向けて努力して参ります。
 会員の皆様をはじめ、関係機関の皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い致します。

役員一覧

役員・理事(令和4年5月)

役職ステーション名管理者氏名
会長ないとうクリニック訪問看護ステーション松浦 千春
理事祐訪問看護ステーション石巻阿部 朋美
副会長仙台北訪問看護ステーション中島 ふみ
会計みやぎ県南中核病院附属訪問看護ステーション荒井 恵子
会計訪問看護ステーションるふらん菅原 絵理
書紀ケアステーションあゆみ早坂 菜穂子
理事りあす訪問看護ステーション阿部 美智枝
理事ケアステーション郡山鈴木 真琴
理事こごた訪問看護ステーション伊藤 恵
理事くろかわ訪問看護ステーション鈴木 文枝
理事訪問看護ステーションナースケア岩沼佐藤 はなだ
監事訪問看護ココ・ステーション仙台中央鈴木 陽子
監事訪問看護ステーションSora笹原 恵子

>> 宮城県訪問看護ステーション連絡協議会 組織図(PDF)

各地区の活動紹介

>> 宮城県訪問看護ステーション連絡協議会 地区組織表(PDF)

入会のご案内

入会金2万円
年会費(正会員)
訪問看護制度に基づき設立された県内に所在する訪問看護ステーションステーションで理事会で承認された事業所
2万円
(賛助会員) 個人
元訪問看護ステーション職員又は現在訪問看護を従事している看護職で理事会で承認された者
5千円
(賛助会員) 企業・関係団体
理事会で承認された企業・関係団体
2万円