令和5年度第4回講演会③